タグ「案内」が付けられているもの

結婚式 二次会 案内 メール

最近はスマートフォンもしくは携帯電話を一人一台持っています。

それに合わせて結婚式二次会の案内をメールで送る人もいるようです。

せっかく当社のホームページを見ていただいたのですから覚えておいてほしい事があります。

結婚式二次会の出欠案内をメールで確認するのはマナーの観点から見て失礼になる場合がございます。

やはり結婚式二次会の案内は書面を持って相手に出欠確認するのが一般的です。

メールで結婚式二次会の案内を受け取っても「なんだ、メールか・・・」とせっかくの案内状を安っぽく受け取られかねません。それってとても残念ですよね。

ただ、今は皆がスマートフォンや携帯電話を持っているので、メールに日時や地図といった情報が記載されている方がいつでも確認できるという点ではゲストのニーズにあっているのかもしれません。

そこで当店で提案したいのが結婚式二次会の案内ははがきで送付し、出席の返事があった方に改めてお礼とともに各種情報を盛り込んだメールを送ってみてはいかがでしょうか。

そうすればゲストは招待状を忘れても問題ありませんし、すぐに確認できます。

場所がわからない場合でもURLや地図のリンクを付けておけば参照できます。ぜひご検討ください。

二次会 幹事 案内

二次会の案内を幹事の名前で出すのか、新郎新婦の名前で出すのかで意見がわかれることがあるようです。

幹事さんはそれほど気にしていないようですが、新郎新婦は気にする方がいらっしゃいます。

それといいますのも、二次会は幹事にお願いしているのに、自分たちの名前で案内状が来てしまうと幹事の顔を潰してしまっているのではないかと考えているようです。

この件に関しては案内状の受けての気持ちを考えてみると、解決の糸口が見えてくるのかもしれません。

二次会の案内状が幹事の名前で来たとします。案内状には新郎新婦の名前は書いてあるものの、幹事はあなたの知らない方です。「個人情報が漏れてしまう」とか「急に知らない人から案内状が来た」と言ったトラブルが起こるかもしれません。そのような問題をさけるにはやはり新郎新婦の名前で二次会の案内所は出すほうが望ましいでしょう。返信先は幹事は○○ですと書いて知らせるか、出欠だけは新郎新婦で集めて幹事に人数を連絡するといった形のほうが良いのかもしれません。幹事にお願いするから自分たちがしゃしゃり出ては・・・という気持ちはわかりますが、一番は招待するゲストです。

皆さんと気持よく二次会にできたら良いですね。

二次会 案内 時期

二次会参加への案内を送付する時期は一般的に本番1~2ヶ月前となっています。

ただ、新郎新婦にとっては結婚式の準備時期や新居や新生活の道具を揃える時期と重なって

、なかなか二次会の案内まで手が回らなくなってしまっている人たちも多いのが実情です。

披露宴会場から近くて便利な二次会会場を用意していても、気づいたら「二次会の案内はどうしよう・・・」となってしまってはいないでしょうか。

先日も2週間後には二次会の案内を送付したいという新郎新婦様から連絡がありました。

もう今から二次会の案内を準備することはできないので、なんとかお願いしたいということでした。

当社ではカンタン発注、最短即日仕上げが皆さまに好評を頂いております。

当社にお申し込みフォームから入力した情報が到着してから、24時間以内にお客様へデザイン案を返信しております。

そのため、2週間後に発送でも十分間に合いますよ。

当社ではお客様が二次会案内の時期を気にする心配がないように最短納期で行っています。

どうぞご利用ください。

1

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。